車売却時の預託金について

車売却時の預託金について

車売却時の預託金について

車には預託金がついていることがあります。車の預託金として有名なのがリサイクル券です。車は法律でリサイクルをしなくてはならなくなり、そのため、現在走っている車両にはすべてリサイクル券と呼ばれる預託金があります。リサイクルについては、決められた工場などでバラバラにした上でそれぞれ再利用が行われますが、車売却の際はリサイクル券の預託金を返すことが必要です。車売却によっては預託金を入れた金額を査定とすることで手続きなしで対応をする会社もあるようですが、基本的にはリサイクル券を再発行し、預託金は返金するのが筋です。車売却についてはこの他車についての保険として預託金が設定されていることもありますが、一般てきではありません。車売却の際はリサイクル券の他に各種税金も戻されることがあります。税金として戻さえれるのは自動車税と自動車重量税です。自動車税については4月1日付けで税金が発生しますが、売却した翌月から3月分までが返金されることになります。また自動車重量税については車検が1ヶ月以上残っている場合に返金することになりますが、売却の場合は返金されないことに注意が必要です。自動車重量税は車検が1ヶ月以上残っていて廃車にする際に返金となります。車売却の際は車検が残っている場合に自動車重量税分をどう考えるのか確認しておくとよいです。一般的には自動車重量税分を加えて査定が行われることが多いようですが、査定にはまったく影響させないということもあるようです
ムーヴ 買取